エアコン掃除のタイミング

クレイアート カラーコーンと誘導員

寒い冬でもしっかりと暖めてくれる浴室暖房を設置したいなら、コチラのサイトを参考にしましょう。おすすめのショップも分かりますよ!

隅々まで綺麗にできるエアコン掃除サービスならコチラへ。作業内容の相談や見積もりなどは無料で受けることができますよ。

エアコン掃除の頻度は、ごく一般的な家庭ではせいぜい年1〜2回といったところであろう、まず年末の大掃除が上げられ、引っ越しなどあれば行う場合もある。 綺麗好きでまめな家庭では、フィルター掃除だけは年数回行う場合もあるだろうが、最近では自動クリーニング機能がついている機種も多く、そんなに気合いを入れて掃除を行わなくても清潔さを保てるようになって来ている。 とは言え、家族が多かったり、各部屋の設置と考えると台数も多かったりとその家庭環境によって、エアコン掃除の手間と難易度は変わってくる。 次の項目では、エアコン掃除の着手から、各手順毎のコツなどを順を追って説明したいと思う。出来ていそうで意外に出来ていない部分も発見できるのではないだろうか。

では、何から始めれば良いのか。フィルターの取り外しと外装についているホコリ落しである。まずは床に新聞紙など落ちたホコリを受け止めるものを敷いておく。 フィルターを取り外してブラシ付き吸引式クリーナーでたまったホコリを吸い取り外装とダクトおよびブレード部分も同様に、付着していたホコリを吸い取る。この時、フィルターを高圧洗浄機などで仕上げ洗いし、エアコン掃除の間、乾燥させておくのがコツである。 次にいよいよ、内部の掃除であるが、前項目で例に上げた自動洗浄機能的なものであるが、この機能を搭載している機種にはそのホコリを貯めておくボックスがある。これを取り外し、中のホコリを捨てて周りについた汚れをふき取っておく。 後は同様に吸引式クリーナーでまんべんなくホコリを吸い取ったら、静電気によってパネルの内側などに付着している特有の黒い汚れをお掃除シートなどでふき取る。 先程取り外したダストボックスを戻し、外装を濡れた布巾かお掃除シートで仕上げる。 最後に、洗浄済みの乾いたフィルターを差し込み終了。床も敷いておいた新聞紙を包んで捨てれば全て完了である。

中古物件を快適に

白いタイルの壁

古い住宅が増えていますが、古い住宅でもリフォームする事で快適に暮らす事ができるようになるのです。また、知っておくと良いというポイントがいくつかありますので、それを知っていると、とても便利です。

Read more

リフォームの費用

配管状況 モノクロ

リフォームは、元々存在している建物を改築することによって新しい住居にすることです。 基本的に、リフォームに関する平均的な費用は500万円未満が一般的です。 これには法律的な理由が存在します。

Read more

トラブル回避方法

建築中の家

リフォーム工事をする時にトラブルはつきものです。しかもその価格が高いためできるだけトラブルは避けなくてはなりません。そこでトラブル回避の方法を知っておいたほうがよいでしょう。

Read more

オススメリンク